2015.03.01

ダービー完敗も、気持ちをみせた内田「死んでも出ようと思っていた」

内田篤人
ドルトムント戦に先発出場した内田篤人 [写真]=VI Images via Getty Images

 ブンデスリーガ第23節が2月28日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、同代表MF香川真司が所属するドルトムントとの“ルール・ダービー”を戦い、0-3で敗れた。試合後、内田が取材に応じている。

 攻め込まれる場面が続きながらもなんとか耐えていたが、最後に3失点を喫し敗れてしまったシャルケ。ダービーでの戦いを振り返り、内田は「シュート数の差もだいぶあった。前半は0-0で終わって、本当にラッキーだったんじゃないかな。(キーパーと)一対一も作られていたし、バーにあった(シュート)もあったし」と、完敗の内容だったと認めている。

 一方で「俺らも点取れそうで負けてるって試合があったからね。そこを狙ってたんだけどね。まぁ3失点目はしょうがない。みんなミスするからね。まだ若いしさ。良く頑張ってたと思うよ、今日も。誰も責める人はいないと思うけど」と、なかなか点が取れない相手に対し隙を突くことを狙っていたが、上手くいかなかったようだ。

 24日にチャンピオンズリーグを戦ったドルトムントに対し、1週間時間があったシャルケ。それでも敗れてしまった要因については「なんだろうね。今日はハーフタイムもすごく元気がなくて、監督が『お前らどうしたんだ?』みたいに言っていて。そういうのは珍しいんだけどね」と、チームの雰囲気が良くなかったことを明かしたが、「オレなんかは『0-0で(進んでいるわけだから)、OKじゃん』と思っていたけど。まぁ、内容がね、ガツンとやられていたから」と、自身はあまり考えすぎずにプレー出来ていた様子。

 負傷により出場が危ぶまれていたが、「けがはあまりよくないけど、死んでも出ようと思っていたから、今日は。練習に復帰しないと試合(の出場は)ないと思っていたから。『無理するところではない』という言葉があるんじゃん、オレの嫌いな。でも、『ここは無理しどきだろう』と思って頑張った」と、ダービーに掛ける思いを告白している。

 また、敵地ジグナル・イドゥナ・パルクでのダービーについては「いいね。ドルトムントのスタジアムでやるダービーは。(アウェーチームとして迎える)ダービーをドルトムントのスタジアムでやるのは、シャルケにいなきゃできないわけじゃん。超、良かったね、シャルケを選んで」と、改めて“ルール・ダービー”を戦える喜びを噛み締めた。

 続けて「一番燃える。長くいれば、いるほど、シャイセ・ドルトムント(ドルトムントのクソったれ)という感じ。(今日負けたのは)悔しい、シャルカーですから。負け方も良くない」と、悔しさをにじませた。

 CL出場権圏内の4位からは転落してしまったが「まぁシャルケの、CL圏内力(笑)」と、出場権確保には自信をのぞかせる。けがの状態も心配されるが、次節の出場にも「出るよ、たぶん」と、出場に意欲を燃やしている。

 シャルケは次節、ホームでホッフェンハイムと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る