2015.02.21

絶好調のオーバメヤン、ピッチで理解し合うロイスは「兄弟のよう」

ピエール・エメリク・オーバメヤン
シュトゥットガルト戦で先制点を決めたオーバメヤン [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、ブンデスリーガ第22節で同DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦。3-2で勝利を収めたドルトムントが、今シーズン初のリーグ戦3連勝を飾った。

 同試合、香川のアシストから先制点を決めたピエール・エメリク・オーバメヤンは、「アウェーで勝ち点3を手にしたことが何よりも大きい。3連勝でようやく波に乗ってきた」と勝利に喜びを見せた。クラブの日本語版公式HPがコメントを伝えている。

 直近3試合で4ゴールを挙げているオーバメヤンは、好調の理由について「監督の支えがあるからだ」と語る。

「監督の信頼をすごく感じるんだ。僕にとってそれは大きいことだよ。同時に、前線でストライカーとしてプレーさせてもらっていること。前で良いボールをもらって相手ゴールを脅かすことが出来るし、マルコ・ロイスとの連係もすごくいいよ」

 オーバメヤンは、ロイスとはピッチ内外で良い関係が築けていると強調。「プライベートでも仲が良ければ、ピッチにも影響する。僕らは兄弟みたいなものさ」と語っている。

 ドルトムントは、24日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのユヴェントス戦を迎える。オーバメヤンは、「先制しても集中を切らさずに戦い続けることが重要になる。今日はそれができなくても、何とか逃げ切ることができた。でもユヴェントス戦では許されないだろう」と、セリエA3連覇を誇るユヴェントスとの一戦を前に気を引き締めた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング