2015.01.21

後半戦での巻き返し狙うドルトに暗雲…MFケールの4週間離脱が決定

セバスティアン・ケール
練習試合で左肩を負傷したMFケール(中央)[写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントから、再び悪いニュースが流れてきた。

 17日に行われたステアウア・ブカレスト(ルーマニア)との練習試合で負傷退場した元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールの診断結果が明らかとなり、左肩のじん帯損傷のため約4週間の離脱が決定したという。21日に日本語版公式HPが伝えている。

 ケールはドイツ紙『ビルト』の取材に対して以下のようにコメントしている。

「もちろん憤りを感じている。(リーグ後半戦に向けた)この準備期間、自分を追いこむことができていたし、良い手ごたえを感じていたからね。しかも味方との激突でこうなってしまったのは、本当に苦々しいことだ。でも手術を受けなくても大丈夫だということだから良かったよ」

 現在ドルトムントはドイツ代表MFスヴェン・ベンダーや同DFエリック・ドゥルムをはじめ、同MFケヴィン・グロスクロイツ、トルコ代表MFヌリ・シャヒン、コロンビア代表FWアドリアン・ラモス、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンなどがけがのため治療や調整を行っている。

 前半戦を終えて17位に沈んでいるドルトムントは、31日にブンデスリーガ第18節のレヴァークーゼン戦を迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る