FOLLOW US

清武、酒井が先発のハノーファー、続く大量失点で今季2度目の3連敗

ヴォルフスブルク戦に先発出場したハノーファーMF清武弘嗣(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が6日に行われ、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーとヴォルフスブルクが対戦。清武、酒井はともに先発出場した。

 2連敗中のハノーファーは開始3分にCKのチャンスを獲得するも、得点に繋げることはできない。1分後、ヴォルフスブルクがハーフウェーライン付近でボールを奪うと、ケヴィン・デ・ブライネが先制ゴールを挙げる。

 28分、ゴール正面やや左の位置から清武が直接FKでゴールを狙うも、得点には至らず。すると前半アディショナルタイム、右サイドのジミー・ブリアンからのクロスにホセルがヘディングで合わせ、試合を振り出しに戻す。

 1-1の同点で迎えた後半、ハノーファーはセットプレーからチャンスを窺うが、追加点を奪うことができない。清武がベンチに下がった直後、ヴォルフスブルクはバス・ドストがヘディングシュートを叩き込み、勝ち越しに成功する。

 その後もヴォルフスブルクの猛攻は続き、85分にペリシッチのラストパスからマキシミリアン・アーノルドが追加点を奪い、試合は終了。3-1でヴォルフスブルクが勝利を収めた。なお、清武は68分までプレー、酒井はフル出場している。

 次節、ハノーファーはブレーメンと、ヴォルフスブルクはパーダーボルンと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 1-3 ヴォルフスブルク

【得点者】
0-1 4分 ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク)
1-1 45+1分 ホセル(ハノーファー
1-2 69分 バス・ドスト(ヴォルフスブルク)
1-3 85分 マキシミリアン・アーノルド(ヴォルフスブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA