2014.12.01

香川先発のドルト、敗戦で最下位転落…長谷部、乾出場のフランクに2失点

先制点を決めたマイアー(左から2人目) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第13節が30日に行われ、日本代表MFの長谷部誠乾貴士が所属するフランクフルトと、同代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。3選手はともに先発出場している。

 試合は5分、攻撃に出ていたドルトムントだったが、フランクフルトのDFラインがクリアしたボールが、そのまま前線のアレクサンダー・マイヤーへのスルーパスとなる。エリア内まで持ち上がたマイヤーがGKとの1対1でシュートを放つと、ボールはGKローマン・ヴァイデンフェラーの股を抜きネットを揺らして、フランクフルトが早くも先制に成功する。

 28分にドルトムントは、左サイドからのスローインを、エリア内左のゴールライン際で受けたピエール・エメリク・オーバメヤンが、マイナスの折り返しを入れると、セバスティアン・ケールが左足で合わせるが、これはGKフェリックス・ヴィートヴァルトの正面。40分にフランクフルトは、左サイドのバスティアン・オツィプカが中央へボールを送ると、マイヤーがダイレクトで落とし、ハリス・セフェロヴィッチがシュートを放つが枠をとらえらなかった。

 前半はこのまま終了し、立ち上がりに先制点を奪ったフランクフルトが1点リードで折り返す。

 後半に入って52分、カウンターを仕掛けるドルトムントは、オーバメヤンのスルーパスに反応したアドリアン・ラモスが、エリア内左からシュートを放つが、ヴィートヴァルトが体を張ってセーブ。66分にフランクフルトは、右サイドからのスローインの流れでクロスが入ると、中央のマイヤーがフリーでヘディングシュートを放つが、枠の右に逸れた。

 74分にドルトムントは、左サイドのオーバメヤンからスルーパスを受けたラモスがエリア内ででシュートを放つが、枠を大きく外した。直後に、ケールに代えてイルカイ・ギュンドアン、香川に代えてミロシュ・ヨイッチを投入した。

 78分、フランクフルトは前線にボールを送ると、ドルトムントのDFマティアス・ギンターが頭でバックパスを出すが、ボールは飛び出したGKヴァイデンフェラーを越えてしまう。追いかけていたセフェロヴィッチがそのボールを無人のゴールに流し込んで追加点。フランクフルトがリードを2点に広げた。

 反撃したいドルトムントは81分、エリア手前の正面で獲得したFKをギュンドアンがゴール右上を直接狙うが、スピードがなくヴィートヴァルトが反応しゴールとはならなかった。

 試合はこのまま終了。ドルトムントが2失点でフランクフルトに敗戦し、最下位に転落となった。なお、香川は74分まで、乾は90分までプレーし、長谷部はフル出場した。

【スコア】
フランクフルト 2-0 ドルトムント

【得点者】
1-0 5分 アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)
2-0 78分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る