2014.11.10

岡崎の得点力に期待する地元紙「もっといい岡崎を見てきている」

岡崎慎司
レヴァークーゼン戦にフル出場したマインツのFW岡崎慎司(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第11節が8日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツはレヴァークーゼンと対戦し、0-0で引き分けた。

 地元メディア『Allgemeine Zeitung』が同試合の採点と寸評を発表。フル出場した岡崎には「4.5」(最高点1、最低点6)の採点を与えた。

 ゴール前で見せ場のなかった岡崎に対し、「この日本人選手にとっては全くいい試合ではなかった。1トップで孤立。パスを受ける体制を取ったが、ボールは来なかった。試合を通じてゴールチャンスがなかった」と評価。「我々は今シーズン、もっといい岡崎を見てきている」とゴールを期待するコメントも記している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る