2014.09.14

独紙「香川祭り!」…ドルトムント復帰初戦で1得点の香川真司に最高評価

香川真司
得点を挙げ、喜ぶ香川 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が13日に行われ、香川真司の所属するドルトムントとフライブルクが対戦。マンチェスター・Uから移籍し、3シーズンぶりの古巣復帰となった香川は先発出場し、1得点を挙げ、3-1の勝利に貢献した。

[4-2-3-1]のトップ下として先発した香川は34分、左サイドの浅い位置でタメを作ってボールをキープすると縦にスルーパス。ケヴィン・グロスクロイツが抜け出すと、折り返しにニアサイドでアドリアン・ラモスが左足で合わせ、ネットを揺らし先制点を演出する。さらに41分には、カウンターからグロスクロイツの右への展開からラモスがグラウンダーの折り返しを送ると、中央のヘンリク・ムヒタリアンがスルー。ファーサイドまで流れ、受けた香川が右足でゴール左へ流し込み、追加点を挙げた。その後、64分に香川は足をつったこともあり、チーロ・インモービレと交代した。

 ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点を発表。古巣復帰戦で1得点を挙げ、先制点も演出した香川に最高点となる「1」(最高点1、最低点6)を与えた。同紙の電子版ではトップページで「KAGAWA」をもじった「KA-GALA!」(GALAは「祭り」の意)と見出しを付けている。

 同紙はドルトムントの攻撃陣に高評価を与え、先制点のラモス、グロスクロイツ、ムヒタリアン、途中出場で1得点のピエール・エメリク・オーバメヤンに香川に次ぐ、「2」が付いた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング