2014.03.24

ドルトムント主将ケール「2015年に現役引退することを決めた」

CL決勝トーナメント1回戦のゼニト戦で得点したケール [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは23日、キャプテンを務める元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールの契約延長と、来シーズン限りでの現役引退を公式HPで発表した。

 ケールは、来年の6月30日まで1年間の契約延長を締結。「ドルトムントは、驚くべきチーム。ファンや街は、長年私の家と言える存在だった」とコメントするとともに、「この関係を維持するために、2015年に現役を終えることを決めた。それまで、素晴らしい仲間たちとともに、いくつもの忘れられない瞬間と成功を楽しめるように願っている」と明かした。

 34歳のケールは、2002年にフライブルクからドルトムントに移籍。3度のブンデスリーガ制覇や2011-2012シーズンのドイツ・カップ優勝に貢献していた。また、ドイツ代表でも、31試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る