2014.02.12

独杯準々決勝に臨むバイエルン指揮官「何が起きてもおかしくない」

グアルディオラ
グアルディオラ監督がハンブルガーSV戦を前にコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ・カップ準々決勝が12日に行われ、ハンブルガーSVとバイエルンが対戦する。

 敵地での一戦を前に、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 グアルディオラ監督は、ブンデスリーガで17位に低迷するハンブルガーSVとの対戦を前に、「試合では何が起きてもおかしくない。0-0から始まるのだからね」と、警戒を示し、「ブンデスリーガの順位で判断することは、最大の失敗となるだろう」と、コメントした。

 そして、「(15日のブンデスリーガ第22節)フライブルク戦や、ロンドンのこと(チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、アーセナル戦)を今から考えてはいけない。ハンブルガーSV戦が最も大事な試合だ。明日タイトルを獲得することはできないが、負けることはあり得るんだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る