FOLLOW US

シャルケMFボアテング、クリスマスに路上で暴行受ける…幸い軽傷

今季からシャルケでプレーするK・P・ボアテング [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが25日に暴行を受け、病院で治療を受けたとドイツ紙『ビルト』など各メディアが報じている。

 クリスマスだった当日、ボアテングは兄弟であるバイエルン所属のドイツ代表DFジェローム・ボアテングや前妻、息子らとともにパーティを行い、帰路につく際、玄関近くで何者かに襲われた模様だ。

 ボアテングは肋骨や首、背中を痛めたものの、幸い軽傷で、現地警察は現在、犯人を捜していると発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO