2013.12.24

2013年を振り返るバイエルン社長「これ以上なく上出来」

ルンメニゲ
バイエルンのルンメニゲ社長が1年を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンの代表取締役社長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、2013年の戦いぶりを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ルンメニゲ氏は、5つのタイトルを獲得した1年を振り返って、「これ以上なく上出来と言えるだろう!最高の1年だった。三冠を成し遂げ、さらにヨーロッパスーパーカップとクラブワールドカップを獲得した。そして私がすばらしいと思うのは、タイトルや試合中のプレーと同じように、プレー外での態度だ。とても落ち着いていて、堂々と振る舞い、陰険だったり、天狗な態度を取ることが一度もなかった。チームは良くやってくれたよ。今までにないくらい好感を持てるものだと私は思う。チームと、そのチームを率いた2人の監督、ユップ・ハインケスとジョゼップ・グアルディオラの貢献に大きな称賛をしたい」と、コメントした。

 そして、「2年間タイトルを獲れない年が続いていた。それはメンタル的に間違いなくダメージを与えた。だがチームはそれを乗り越えて、国内だけでなく国外でも、とても高いリスペクトをされるようになった。大げさではなく、バイエルンは世界で最も有名な3クラブの1つに数えられると思う。だから、チームと監督、そしてクラブ全体に敬意を表さなければならない」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る