2013.12.24

シャルケのマイヤーが後半戦へ抱負「蓄えたパワーでまたがんばる」

マイヤー
シャルケMFマイヤー(左)が後半戦への抱負を語った [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、日本代表MF長谷部誠、同MF清武弘嗣のニュルンベルクと、日本代表DF内田篤人所属のシャルケが対戦。スコアレスドローに終わった。長谷部、清武、内田はいずれもフル出場だった。ニュルンベルクは開幕17戦勝ちなしで17位。シャルケは8勝4分け5敗の勝ち点28で、7位となっている。

 シャルケのU-19ドイツ代表MFマックス・マイヤーが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マイヤーは、「あまり良いパフォーマンスを披露できなかった。前半の入り方が良くなかったし、受け身になり過ぎてニュルンベルクにチャンスを与え過ぎた。(GKの)ラルフ・フェールマンが何度かチームを救ってくれた。後半は確かに少し良くなったけど、それでも、すごく良いパフォーマンスというわけではなかった。最終的には勝ち点1でも満足しないと」と、スコアレスドローを振り返った。

 負傷離脱選手が多いチーム事情については、「主力選手の多くが欠場していることには、誰もが気付いたと思う。それでも、単純にもっと良いパフォーマンスを見せなければいけなかった。この試合のことは忘れて、ウィンターブレイクの後、蓄えたパワーでまたがんばりたい」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る