2013.12.24

岡崎慎司、1シーズン3度目の1試合複数得点…ブンデスで日本人初

岡崎慎司
ハンブルガーSV戦で2ゴールの岡崎慎司(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、ハンブルガーSVと日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツが対戦。3-2でマインツが競り勝った。フル出場した岡崎は2ゴール1アシストを記録し、勝利に貢献した。

 今シーズンのゴール数を8に伸ばし、自己記録を更新した岡崎。ハンブルガーSV戦での2ゴールは、今シーズン3度目の1試合複数得点で、日本人初の記録となった。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

 ブンデスリーガでプレーした歴代の日本人選手で、1試合複数得点を記録しているのは5名。当時ハンブルガーSV所属の元日本代表FW高原直泰が2004-2005シーズンに、当時ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が2011-2012シーズンに、1試合複数得点を2度記録したが、1シーズンで3度記録したのは岡崎が初となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る