2013.12.22

独紙、2G1Aで勝利に貢献のマインツFW岡崎慎司に最高評価

岡崎慎司
ハンブルガーSV戦で2得点を挙げたマインツの岡崎慎司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、ハンブルガーSVと日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツが対戦。3-2でマインツが競り勝った。フル出場した岡崎は2ゴール1アシストを記録し、勝利に貢献した。

 ドイツ紙『ビルト』が、同試合の採点(最高点1、 最低点6)を発表した。岡崎には両チーム通じて最高の「1」がつけられた。マインツでは、ドイツ代表FWニコライ・ミュラーと韓国代表DFパク・チュホが、岡崎に次ぐ「2」の評価を受けている。

 岡崎はハンブルガーSV戦での2ゴールで、今シーズンのブンデスリーガでのゴール数を8に伸ばし、自己記録を更新した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る