FOLLOW US

好調を維持するマインツのFW岡崎、独誌に得点力向上の要因を語る

好調の要因を語った岡崎 [写真]=Bongarts/Getty Images

 マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司が、自身のプレースタイルに言及するとともに、同クラブでのプレーに手応えを示した。19日、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 同メディアのインタビューに応じた岡崎は、自身を「典型的なFWタイプ」とした上で「センタリングやセットプレーを得意としています」とコメント。「高さで競うわけではなく、状況を先読みし、相手よりも早く、そして常に動き回る」と、プレースタイルを語った。

 岡崎はマインツに加入して以降、リーグ戦15試合に出場し、チーム内で2位となる6得点を記録。得点率が向上したことについては、「シュトゥットガルトでは守備面での貢献を求められていましたが、マインツではFWとして扱ってもらっています」と述べ、「最前線でプレーしていればゴールとの距離は必然的に近くなる」とコメント。「チームメートは僕が走り込むスペースを理解してくれているし、僕もそこに向かってプレーできています」と続け、リーグ戦で結果を残せている要因を明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO