2013.12.18

独メディア、1アシストの清武に高評価「何本ものクレバーなパス」

清武弘嗣
ハノーファー戦でアシストを記録した清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツの各メディアは、ブンデスリーガ第16節及びブンデスリーガ2部第18節における日本人選手の採点と寸評を発表した。

 1アシストを記録したニュルンベルクの日本代表MF清武弘嗣に「2.5」がつけられた他、ヘルタ・ベルリンの日本代表MF細貝萌も守備面での貢献が評価されている。

 採点と寸評がついた日本人選手は以下のとおり(最高点1、最低点6)。

細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
対ブレーメン戦(3-2○)フル出場
『Berliner Zeitung』
採点なし
寸評:この小さな日本人選手は良い仕事をした。ジョン・アンソニー・ブルックスが退いた後はセンターバックを引き継ぎ、しっかり守った。

酒井宏樹(ハノーファー)
対ニュルンベルク戦(3-3△)フル出場
『Sportal.de』
採点:5
寸評:最初の失点のシーンでは想定し得る最悪のコースを走ってしまい、アダム・フロウシェクの何ともないシュートを防ぎようのない方へクリアしてしまった。その後も右サイドをコントロールすることができず、度々苦境に陥った。

清武弘嗣(ニュルンベルク)
対ハノーファー戦(3-3△)フル出場
『Sportal.de』
採点:2.5
寸評:前半はヨシップ・ドルミッチへの見事なアシストを含め、何本ものクレバーなパスがあった。後半は勢いが落ちたものの、ほんの少しツキがあれば試合を決定づけるカウンターを決めることもできただろう。

長谷部誠(ニュルンベルク)
対ハノーファー戦(3-3△)フル出場
『Sportal.de』
採点:3.5
寸評:1アシストを記録し、それ以外にも攻撃でいい動きを見せた。残念ながら守備では明らかに弱さが目立った。

岡崎慎司(マインツ)
対ボルシアMG戦(0-0△)フル出場
『Sportal.de』
採点:3.5
寸評:この日本代表選手は集中力が欠けており、スタートが早すぎる場面が目立った。ほんの一瞬だけ早かったが、パスは出し手にも責任がある。試合全体を通じて最初の好機となった足でのシュートチャンスは、岡崎の動きも合っていた。

酒井高徳(シュトゥットガルト)
対ヴォルフスブルク戦(1-3●)フル出場
『Sportal.de』
採点:4
寸評:後半はマルティン・ハルニクとともに結果は伴わなかったものの、幾度も右サイドで攻撃のアクセントをつけた。残念だったのは、得点に絡む代わりに、クリアミスでイヴァン・ペリシッチの試合を決定づけるゴールに絡んでしまったことだ。

田坂祐介(ボーフム)
対ウニオン・ベルリン戦(0-4●)フル出場
『Revier Sport』
採点:5
寸評:前半は期待外れの出来。後半も効果的な動きは見られず、シンプルなプレーができていなかった。ゴールを狙う動きがなく、守備への切り替えでも苦戦した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る