2013.12.18

完勝を振り返るバイエルンDFラーム「ポゼッションを意識した」

広州恒大戦にフル出場したラーム(左) [写真]=Getty Images

 モロッコで開催されているFIFAクラブ・ワールドカップ2013の準決勝が17日に行われ、アジア代表の広州恒大(中国)と対戦したヨーロッパ代表のバイエルン(ドイツ)は3-0で勝利を収めた。バイエルンのドイツ代表DFフィリップ・ラームが決勝進出に満足感を示している。クラブ公式HPが伝えた。

 試合を振り返ったラームは「カウンターが持ち味のチームとの対戦だった。だから、ポゼッションを意識して戦う必要があった。先取点を奪うまでに時間がかかったけれど、ほとんど狙い通りだったと思う。満足できるパフォーマンスだ」とコメントした。

 また、同選手は「特別な大会だから決勝に進出したかった。トロフィーを持ち帰りたいと思う。そのために戦っているし、優勝すれば良い形でウインターブレイクを迎えられる」と主張。優勝を果たしてクラブ世界一になることを目標に掲げていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る