2013.12.18

CWC決勝進出を喜ぶグアルディオラ監督「タイトルを手にしたい」

バイエルンを率いるグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 モロッコで開催されているFIFAクラブ・ワールドカップ2013の準決勝が17日に行われ、アジア代表の広州恒大(中国)と対戦したヨーロッパ代表のバイエルン(ドイツ)は3-0で勝利を収めた。バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が試合を振り返り、コメントを残している。クラブ公式HPが伝えた。

 グアルディオラ監督は「チームを称えたい。決勝進出に値していた。我々はスピードのあるウイング選手を擁するチームに対し、しっかりと戦った。試合の大部分をコントロールし、多くのチャンスを作り出したと思う。だが、簡単な試合ではなかった。勝利には満足しているし、タイトルを手にしたい。応援してくれたモロッコのサポーターに感謝している」とコメント。勝利を喜び、タイトル獲得に向けて意気込みを示した。

 バイエルンは、南米王者アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)と開催国枠ラジャ・カサブランカの勝者と、21日に決勝戦を戦う。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る