2013.12.08

首位バイエルンが7発大勝…2位レヴァークーゼンが3位ドルト下す

大勝を収めたバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第15節が7日に、各地で行われた。

 首位のバイエルンは、アウェーでブレーメンと対戦すると、攻撃陣が大爆発。21分に相手のオウンゴールで先制すると、27分にダニエル・ヴァン・ブイテンが2点目、38分にフランク・リベリーが3点目を挙げて、リードを広げた。

 3点差で迎えた後半も、攻め手を緩めない。60分にマリオ・マンジュキッチが加点すると、69分にトーマス・ミュラー、83分にはリベリーが次々得点した。結局、後半アディショナルタイムにマリオ・ゲッツェがダメ押し点を挙げ、大量7ゴールを奪った。

 バイエルンは守備陣も完封に抑えて、7-0の大勝で7連勝。勝ち点41で、首位を守っている。

 また、3位のドルトムントと2位のレヴァークーゼンの直接対決も実現。アウェーのレヴァークーゼンが18分にソン・フンミンの挙げたゴールを守りきり、1-0で勝利を収めた。

 レヴァークーゼンは勝ち点37、ドルトムントは同31となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る