FOLLOW US

シャルケが敵地で競り負けて5試合ぶり黒星…内田はフル出場

シャルケは敵地で競り負けた [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第15節が7日に行われ、ボルシアMGと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦。内田は先発出場した。

 アウェー戦に臨んだシャルケは、17分に先制点を奪取。右サイドからのクロスに反応したケヴィン・プリンス・ボアテングが、ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。絶好機で、ジェフェルソン・ファルファンが落ち着いてシュートを蹴り込み、敵地でリードを奪った。

 ところが、24分にボルシアMGのラファエルにミドルシュートを打たれると、ボールはブロックに入ったフェリペ・サンタナに当たりながらゴールに吸い込まれた。試合を振り出しに戻されると、前半アディショナルタイムには、ベネディクト・ヘヴェデスがハンドを犯してPKを献上するとともに、2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。PKでマックス・クルーゼに得点を許して、前半の内に試合をひっくり返された。

 シャルケは、逆転されて迎えた後半もボルシアMGにチャンスを許したが、GKラルフ・フェーマンの好守もあり追加点は許さなかった。それでも、最後まで同点ゴールは奪えずにタイムアップを迎え、1-2で競り負けてリーグ戦5試合ぶりの黒星を喫した。なお、内田はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA