2013.12.05

シャルケMFジョーンズ、ドイツ杯敗退は「全員にとって痛い」

ジャーメイン・ジョーンズ
シャルケのジャーメイン・ジョーンズが敗戦を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 DFBポカール3回戦が3日に行われ、日本代表DF内田篤人のシャルケとホッフェンハイムが対戦。シャルケは1-3で敗れ、敗退が決まった。内田は先発出場したが、ハーフタイムに交代した。

 試合後、シャルケのアメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ジョーンズは、「先制されるまではしっかりプレーできていた。ゴールを奪われてからは個々のミスが増えて、それを得点に繋げられてしまった。チーム全体のパスワークも、プレスもあまり良くなかった。そんなプレーをしていれば、当然(試合は)難しくなる。本当に(ブンデスリーガ第14節の)シュトゥットガルト戦で見せたようなプレーができたかどうかは、選手個々人が自分で考えなければならない。シュトゥットガルト戦からは程遠いプレーをしていたと僕は思う。DFBポカールで敗退してしまったことは、クラブだけでなく僕たち全員にとって痛い。だが、それも結局は自分たちの責任だ」と、話した。

 そして、7日に行われるブンデスリーガ第15節のボルシアMG戦に向けて、「とても重要な試合となる。その試合では(ホッフェンハイム戦とは)違う顔を見せなければならない。そうでなければ、負けて帰ることになる」と、抱負を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る