2013.12.03

独紙が清武の厳しい現状を報道「守備をしないのはいいとしても……」

清武弘嗣
レヴァークーゼン戦に先発したが、68分に交代した清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ニュルンベルクに所属する日本代表MFの清武弘嗣が、厳しい立場に立たされている。

 ニュルンベルクは11月30日に行われたブンデスリーガ第14節のレヴァークーゼン戦に0―3と完敗を喫し、開幕から14試合未勝利となった。

 ドイツ紙『ビルト』は採点でワースト評価となる「6」をつけて酷評した。さらに「清武は批判の最中にいる」という記事を掲載。今夏、アストン・ヴィラが1000万ユーロ(約14億円)で獲得しようとした逸材が、厳しい立場に立たされていると報じた。

 また、記事では「清武があまり守備をしないということはいいとしても、だとしたら少なくとも攻撃面で貢献しなければいけない」といった批判的なコメントも紹介し、清武の“現状”を伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る