2013.12.02

ドルトムントのオーバメヤンが直接FKを自賛「完璧だったね」

マインツに快勝したドルトムント [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が11月30日に行われ、ドルトムントが日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツと対戦し、アウェーで3-1と快勝を収めた。

 マインツ戦でゴールを決めたガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、勝利を振り返った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 オーバメヤンは、70分に直接FKを蹴り込んで先制点をマーク。「通常トレーニング後は、ほとんどいつも、マルコ・ロイスと一緒にFKの練習をしている。ミュンヘンでのカップ戦で初めてFKを蹴るチャンスを与えられたけど、クロスバーに阻まれてしまった。今回は完璧だったね。もちろん本当に嬉しいよ」と、得点シーンを振り返った。

 また、PKでの2ゴールで、得点ランクトップとなる11ゴール目を挙げたレヴァンドフスキも、「楽な試合ではなかったが、僕らも実力を出せていなかった。結局は勝ち点3を取ることができたね。それがすべてだよ。こういう試合だと、勝ち点3はなおさら嬉しい」と、快勝を喜んだ。

 ドルトムントは、マインツ戦の勝利で、リーグでの連敗をストップ。勝ち点31で3位につけている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る