FOLLOW US

シャルケMFマイヤー「本来の自分たちの姿を見せた」

 ブンデスリーガ第14節が11月30日に行われ、日本代表DF内田篤人のシャルケと同DF酒井高徳のシュトゥットガルトが対戦。シャルケが3-0で快勝した。内田はフル出場で、ベンチ入りした酒井に出場機会はなかった。

 試合後、シャルケのU-19ドイツ代表MFマックス・マイヤーが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マイヤーは、「今日の勝利はとても重要だった。本来の自分たちの姿を見せることができたと思う。相手に攻撃を許さず、試合を支配できた。ディフェンスは安定していて、前線ではチャンスを活かして得点を決めることができた。ファンの方々も満足して帰宅してくれたと思う」と、快勝を振り返った。

 そして、3日に行われるDFBポカール3回戦のホッフェンハイム戦に向けて、「シュトゥットガルト戦のように安定したプレーを見せれば、勝ち進むことができる」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA