FOLLOW US

シュトゥットに3発快勝のシャルケMF「勝利に値していた」

3点目を決めたシャルケMFジョーンズ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が11月30日に行われ、日本代表DF内田篤人のシャルケと同DF酒井高徳のシュトゥットガルトが対戦。シャルケが3-0で快勝した。内田はフル出場で、ベンチ入りした酒井に出場機会はなかった。

 試合後、シャルケのアメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。ジョーンズはチーム3点目を決めた。

 ジョーンズは、「(ブンデスリーガ第13節の)フランクフルト戦で3-3、(チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のステアウア)ブカレスト戦で0-0で引き分けの試合をしたから、今日はその分を取り返さないといけないことはわかっていた。試合前に決めていたことを、全て実現できた。勝利に値していたと思う」と、快勝を振り返った。

 そして、自身のゴールを振り返って、「良いタイミングでボールに合わせられるということがわかったんだ。でも運もあったと思う。たまには単純に思い切ってシュートを打つことが大事だ」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA