FOLLOW US

開幕14戦未勝利のニュルン清武「危機感を持ってがんばりたい」

敗戦を振り返った清武弘嗣 [写真]=千葉格

 ブンデスリーガ第14節が11月30日に行われ、レヴァークーゼンと日本代表MF清武弘嗣、同MF長谷部誠の所属するニュルンベルクが対戦。敵地に乗り込んだニュルンベルクは0-3で敗れ、開幕から14試合未勝利となった。清武と長谷部はともに先発出場し、清武は68分に途中交代、長谷部はフル出場だった。

 試合後、清武は敗戦を振り返って以下のようにコメントした。

―相手のサイドバックが高めのポジションを取って、ニュルンベルクは後ろに引いてしまったが?
「相手がどうこうというよりも、自分自身に問題があるし、チームとしても問題がある。相手がどうという問題ではないと思います。(失点も自分たちのミスから許したが)それを無くさないといけない。とりあえず、(年内の)あと3試合の中で勝ち点を積み上げるか、どれだけできるかというのが問題になってくるので、終わったことは終わったことですし、次に切り替えてがんばります」

―昨シーズンは『大丈夫だと言っていたらそうなって(下位に低迷して)しまった』と言っていたけど、今シーズンは?
「まだ大丈夫だという雰囲気はあると思う。もうそろそろ、大丈夫じゃないという雰囲気を感じてもらえればいいなと思います。危機感があってほしいですけど、皆がどう考えているかわからないですし、自分は危機感を持ってがんばりたいと思います」

―フル出場できていないということに関しては?
「それは監督が決めることなので、自分がそこまでやれてないから交代させられていると思いますし、残り3試合しっかりできるようにがんばりたいです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA