2013.11.24

上位決戦を制すも、冷静なMFロッベン「勘違いしてはいけない」

ロッベン
ドルトムント戦でゴールを決めたロッベン [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第13節が23日に行われ、2位のドルトムントと対戦した首位のバイエルンは3-0で勝利を収めた。チームの2点目となるゴールを決めたバイエルンのオランダ代表MFアルイェン・ロッベンが試合を振り返っている。クラブ公式HPが伝えた。

 ロッベンは、2ゴールが試合終盤に生まれたことを強調。「勝利に値する試合だった。ただ、85分までは1-0の状態が続いていた。最終的に点差は開いたけれど、ドルトムントもゴールを奪う可能性はあったと思う。勘違いしてはいけない」と語り、楽な戦いではなかったことを主張した。

 また、同選手は「終盤は上手くスペースを使うことができた。子供の頃は、このようなスタジアムでプレーすることを夢見ていたんだ。だから試合を楽しむことができたよ」と述べ、試合の雰囲気が素晴らしかったことを明かしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る