FOLLOW US

ヘルタ細貝が古巣との対決でフル出場…チームは1点が遠く完封負け

レヴァークーゼン戦にフル出場した細貝 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第13節が23日に行われ、日本代表MF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンとレヴァークーゼンが対戦した。細貝は守備的MFとして先発出場している。

 試合序盤はヘルタ・ベルリンのペースで進んだが、先取点を奪ったのはアウェーのレヴァークーゼンだった。28分、カウンターでチャンスを作ると、ゴール前でフリーになったシュテファン・キースリンクが右足でシュートを放つ。今シーズン8点目となるゴールが決まり、レヴァークーゼンがリードした。

 後半に入り、ヘルタ・ベルリンも反撃を試みるが、トルガ・ギエルギのヘディングシュートがレヴァークーゼンのGKベルント・レノの好セーブに遭うなど最後までゴールは奪えず。試合はこのまま終了となり、1-0でレヴァークーゼンが勝利を収めた。

 なお、昨シーズン在籍していたレヴァークーゼンとの古巣対決となった細貝はフル出場を果たしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA