2013.11.22

ブンデス2部のケルン、日本代表MF山口の獲得を検討か…独誌報道

山口螢
ケルンからの関心が伝えられた山口 [写真]=Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は22日、ブンデスリーガ2部で首位を走るケルンが、セレッソ大阪に所属する日本代表MF山口螢に関心を抱いていると報じた。

『キッカー』は、ケルンのスカウトがC大阪を視察していると報道。さらに、日本代表戦もスカウティングしたと伝え、山口に大きな関心を抱いていると報じた。同メディアは山口について、「守備に定評のあるボランチ」と紹介し、「今回の代表戦2試合(オランダ戦、ベルギー戦)に出場し、何度もボール奪取をするなど力強いパフォーマンスを見せた」と代表戦での活躍を高く評価した。なお、移籍金に関しては「100万ユーロ(約1億3000万円)は下回るだろう」と予想している。

 山口は今季、リーグ戦全31試合に出場し、6得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る