2013.11.21

ドルトムントのフンメルスは年内復帰が絶望…シュメルツァーも離脱

フンメルス
イングランド代表戦で負傷したフンメルス [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは20日、ドイツ代表DFのマッツ・フンメルスとマルセル・シュメルツァーの負傷状況を明らかにした。クラブ公式HPが伝えている。

 両選手は19日に行われたイングランド代表との国際親善試合で負傷。検査の結果、フンメルスはかかとの遊離骨片(骨片剥離)と診断され、シーズン前半戦を離脱することが判明した。復帰は来年1月中旬になると見込まれている。一方、左足のふくらはぎを痛めていたシュメルツァーは3週間程度の離脱と発表された。

 23日のブンデスリーガ第13節で首位バイエルンとの対戦を控えているドルトムントは、両選手を欠いて試合に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る