FOLLOW US

バロンドールを意識するリベリー「試合中にそのことをよく考える」

バイエルンのリベリーが自身の近況を語った [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーが、自身の近況を語った。ブンデスリーガ公式HPがコメントを伝えている。

 リベリーは、9日のブンデスリーガ第12節アウクスブルク戦で決めた直接FKを振り返って、「あのFKを蹴る前、とても良い感触がしたんだ。だから、どうしても蹴りたかった。蹴る少し前に、(マリオ)ゲッツェが僕に『下を狙った方が良い』と言ったけど、最後の瞬間に違う方向に決めた。そして思いきり(足を)振り抜いた時には、(ゴールが)決まるとわかった。右に小さな隙間が見えていて、狙った通りに入ったよ」と、語った。

 アウクスブルク戦の勝利でリーグ戦37戦無敗となり、歴代記録を更新したことについては、「記録更新はすばらしいこと。バイエルンの良いところは、ほとんどの試合で勝利していて、ほとんど負けていないというところだ。この記録を伸ばすために、チーム全員でこれからも全力を尽くすよ」と、話した。また、バロンドール受賞の可能性については、「試合中にそのことをよく考える。世界のベストプレーヤーに選ばれるためには、これからも良いプレーを続けなければならない。プレッシャーを受けず、楽しんでプレーしたいと思っている。でももちろん、そのタイトルが絶対に欲しいという気持ちもあるよ」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA