2013.11.10

MF清武、アシスト記録も逆転負けに落胆「精神的にキツイです」

清武弘嗣
ボルシアMG戦でアシストを記録した清武 [写真]=原田亮太

 ブンデスリーガ第12節が9日に行われ、日本代表MFの長谷部誠と清武弘嗣の所属するニュルンベルクは、アウェーでボルシアMGと対戦し、1-3で敗れた。

 試合後、フル出場して1アシストを記録した清武は以下のようにコメントしている。

—試合を振り返って
「何とも言えないです…。 前半は良くて、後半(同点弾を)決められてからヤバイなっていう雰囲気しかなかったです」

―自分一人では変えられない状況か?
「その前にもチャンスはありましたし、毎回そうですけど、ジョー(ドルミッチ)の一対一のシーンだって左足で打っておけば入ったと思いますし、ああいうところを大事に決めていかないといけないです。やっぱり今失点が続いている以上、得点を取らないと勝てないので。自分も前半に二つほどチャンスがありましたし、そういう意味ではすごく悔いが残るゲームでした」

―相手の3倍くらいのセンタリングを上げていた。もう少し前線で工夫できれば良いと思うが?
「今日はチャンディー(チャンドラー)とフォイルナーが良いクロスを上げていましたし、自分もサポートへ行かずにゴール前で待っていたらチャンスは2回ほどあったので、そこを決められるかっていう問題だと思います」

―前半について
「すごくいいゲームだったと思いますし、後半もあのままいければ良かったですけど…」

―精神的に崩れる感じ?
「それしかないと思います」

―最下位になった状態で今日の試合に臨んだことについては?
「みんなはあまり言ってなかったですけど、ヤバイ状況には変わりはないです」

―今日は勝ち点3を取りたかったと思うが?
「(勝ち点3を)取りに行く気持ちでやっていましたけど、結果的にこうなったので。今日はあんまり頭を切りかえられないって感じです」

―自分たちを信じるのが難しくなる?
「ホントに良いサッカーにはなっていると思うんですけど、そういう中で結果を出せないというのはすごく悔しいです」

―新しい監督が来て、ポジティブな部分は?
「監督が代わってすごくみんながポジティブになりました。精度というかテクニックというか、そういう部分ではみんなすごく練習して磨きをかけているので、徐々に良くなってきていると思います。監督を信頼してついていけば、いつか結果は出ると思います。ただ、『いつか』では遅いので、早く結果を出せるように頑張りたいと思います」

―良い試合だったからこそ、この結果が重い?
「そうですね。結構、今日は精神的にキツイです。でも負けるっていうことはまだ自分達に足りないものがたくさんあると思うんで、それをしっかり受け止めてやっていきたいなと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る