2013.11.10

清武が先制アシストのニュルンベルク、逆転負けで最下位転落

清武弘嗣
スライディングをする清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第12節が9日に行われ、ボルシアMGと日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクが対戦。長谷部と清武はともに先発出場した。

 未勝利のニュルンベルクは、アウェー戦に臨むと劣勢に立たされながらも、21分に先制点を奪う。相手陣内でボールを奪い、清武がゴール前でスルーパスを供給すると、ヨシプ・ドゥルミッチがシュートを流し込み、均衡を破った。

 敵地で先手を奪うと、44分にはゴール前で清武がボレーシュートでゴールを狙うが、枠を外れ追加点とはならなかった。1点差で迎えた後半も、押し込まれる場面が続く中、粘りの守備でリードを守っていたが、72分についに失点。ボルシアMGのフアン・アランゴにミドルシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまった。

 追いつかれたニュルンベルクは、75分にセットプレーからニクラス・シュタルクがオウンゴールを犯してしまい、一気に勝ち越しを許してしまった。81分には清武のヘディングでのパスを受けたドゥルミッチがペナルティエリア内でシュートを放つ。ボールはクロスバーを叩いてライン上に落ちたが、得点は認められず、同点ゴールとはならなかった。

 結局、ニュルンベルクは87分にも失点し、1-3と逆転負けを喫して、2連敗。開幕から未勝利が続き、勝ち点7のままで最下位に転落した。なお、長谷部と清武はフル出場した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る