FOLLOW US

大敗したシュトゥットの酒井高徳に最低点…独2大メディア採点

ドルトムント戦でフル出場した酒井高徳(右) [写真]=千葉格

 ドイツ誌『キッカー』とドイツ紙『ビルト』が、ブンデスリーガ第11節の採点を発表した。

 今節では、ハノーファーの日本代表DF酒井宏樹が、ブンデスリーガでの初ゴールを記録。チームは敗れたが、両メディアでチーム最高タイの採点を与えられた。一方、シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳は、チームが大敗したこともあり、両メディアで最低点をつけられた。

 採点がついた日本人選手は、以下の通り(最高点1、最低点6)。

酒井高徳(シュトゥットガルト)
対ドルトムント戦(1-6●) フル出場
『キッカー』:6(チーム最低) 『ビルト』:6(チーム最低タイ)

長谷部誠(ニュルンベルク)
対フライブルク戦(0-3●) フル出場
『キッカー』:4(走行距離チームトップ 11.82キロ) 『ビルト』:4

清武弘嗣(ニュルンベルク)
対フライブルク戦(0-3●) フル出場
『キッカー』:4 『ビルト』:5(チーム最低タイ)

細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
対シャルケ戦(0-2●) 先発出場、87分交代
『キッカー』:3.5 『ビルト』:4

■内田篤人(シャルケ)
対ヘルタ・ベルリン戦(2-0○) フル出場
『キッカー』:4 『ビルト』:4(チーム最低タイ)

岡崎慎司(マインツ)
対アウクスブルク戦(1-2●) フル出場
『キッカー』:3.5(チーム最高タイ) 『ビルト』:4

酒井宏樹(ハノーファー)
対ブレーメン戦(2-3●) 先発出場、88分交代
『キッカー』:3(チーム最高タイ) 『ビルト』:3(チーム最高タイ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO