FOLLOW US

マインツが敵地で競り負け2試合ぶり黒星…岡崎は2戦連発ならず

フル出場した岡崎慎司(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第11節が3日に行われ、アウクスブルクと日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツが対戦。岡崎は先発出場した。

 前節にリーグ戦で7試合ぶりの勝利を収めたマインツは、アウェー戦に臨むと、21分に岡崎がペナルティエリア内で決定的なシュートを放つ。ところが、GKにセーブされて先制点を奪えずにいると、27分にアウクスブルクのアンドレ・ハーンにロングボールから抜け出され、得点を許してしまった。

 敵地でビハインドを負うと、追いつけないまま前半を折り返す。後半にも開始直後の49分にカウンターから2失点目を喫したが、57分にセバスティアン・ポルターがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。絶好機でマクシム・チュポ・モティングがシュートを蹴り込んだ。

 マインツは1点差に詰め寄ったが、試合終了間際には、GKクリスティアン・ヴェトクロがペナルティエリア外で相手を倒して退場処分となり窮地に陥った。結局、同点ゴールまでは奪えずにタイムアップを迎えて1-2で敗れ、2試合ぶりの黒星を喫した。なお、前節に2ゴールを挙げた岡崎は無得点だったが、フル出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO