2013.10.23

チェルシー戦を振り返るシャルケ主将「結果に苛立ちを覚える」

ヘヴェデス
シャルケは0-3でチェルシーに敗れた [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、ホームでチェルシーに0-3で敗れた。試合後、シャルケの主将を務めるドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス、U-19ドイツ代表MFマックス・マイヤーがチェルシー戦を振り返った。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 ヘヴェデスは試合を振り返り、「チェルシーは僕らのミスをうまく生かした」とコメント。「ホームで0-3で負けてしまうなんて苛立ちを覚える」と語った一方で、「前を向いていくよ」と次の試合に向けて気持ちを切り替えた。

 マイヤーは、「僕たちの方が相手よりも長い時間、いいプレーを見せていた」と試合内容に満足感を示したものの、「チェルシーはミスを逃すことはなかった」と、失点シーンを回想。「とても腹立たしい」と心境を明かしている。

 シャルケは11月6日に行われるグループリーグ第4節で、チェルシーとアウェーで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る