2013.10.20

決勝PK献上を悔やむハノーファー酒井宏樹「すごい責任を感じる」

競り合う酒井宏樹(後方) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第9節が19日に行われ、日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーはドルトムントとアウェーで対戦し、0-1で敗れた。

 先発出場して77分までプレーした酒井は、以下のように試合を振り返った。

 酒井は、結果的に決勝点となったPKを献上した開始3分のファウルについて、「自分としてはほとんど触ってない。対応が一歩遅れてしまったので。チームとしてドルトムントに90分間勇敢に戦えていたし、自分の読み違いというか、あのミスだけの1点だったので、すごい責任を感じますし。もちろん90分やりたかったですけど、それも許されなかったので」と悔やんだ。

 失点後のプレーについては、「ミスを返すにはサッカーで勝つしかないですし、自分としては立て直せた方かなとは思いますけど、やっぱり取られた分決定的な仕事をしないといけなかったですし、もっともっとチャンスを増やさないといけなかったなと思います」と語り、反省点を続けた。

「欲を言えばもっと戦えたので、もったいなかったですし、勝ち点を持って帰りたかったなと思うので、しっかりそこだけ反省して、90分間本当に集中しないといけないですし、今シーズンの課題という感じで、すごく守備がうまくハマっていたのが、ここで戻ったので、また次の試合しっかり守備から入って、頑張っていきたいと思います」

 酒井は今シーズンの開幕から、リーグ戦8試合連続でフル出場していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る