2013.10.19

レヴァークーゼンが疑惑のゴールで勝利…暫定首位に浮上

ホッフェンハイムを下し、暫定首位に浮上したレヴァークーゼン [写真]=Bongarts/Getty Images

 18日に行われたブンデスリーガ第9節で、ホッフェンハイムとレヴァークーゼンが対戦した。

 敵地に乗り込んだレヴァークーゼンは26分、シドニー・サムの得点で先制する。右サイドでボールを持ったサムはカットイン。ペナルティエリア外から左足でニアサイドに蹴り込んだ。

 1-0で迎えた後半、レヴァークーゼンが疑惑のゴールでリードを2点に広げる。70分、左コーナーキックから、シュテファン・キースリンクがヘディングシュート。ボールはわずかに枠を外れたが、サイドネットの大きく開いた網目をすり抜けゴール内に。シュートを放ったキースリンクも頭を抱えていたが、主審が得点を認め、レヴァークーゼンが2-0とした。

 ホッフェンハイムは、88分にスヴェン・シップロックがゴールネットを揺らすが、反撃もここまで。アウェーのレヴァークーゼンが2-1で勝利を収めている。

 なお、勝ち点3を獲得したレヴァークーゼンは、今シーズン7勝目。試合がなかったバイエルンをかわし、暫定首位に浮上している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る