2013.10.14

ブレーメンSD、今冬の移籍市場でデ・ブライネ復帰の可能性を示唆

デ・ブライネ
ブレーメンのアイヒンSDがデ・ブライネ復帰の可能性を示唆 [写真]=アイヒンSD

 チェルシーに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに対し、ブンデスリーガの複数クラブが関心を抱いていると、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 デ・ブライネは、今夏の移籍市場でブレーメンからチェルシーに復帰。しかし、レギュラーポジションの確保には至らず、リーグ戦3試合の出場にとどまっている。『キッカー』は十分な出場機会を得られていないデ・ブライネに対し、ヴォルフスブルクやレヴァークーゼン、ブレーメンが関心を抱いていると報道。同選手が昨シーズンに所属したブレーメンのトーマス・アイヒンSD(スポーツ・ディレクター)は、「買い取る可能性はない」としながらも、「今冬にレンタル移籍の可能性があるならば、彼の復帰に向けて全力を尽くす」と語り、期限付き移籍での獲得を視野に入れていることを明かしている。

 デ・ブライネは昨シーズン、リーグ戦33試合に出場し、10ゴール9アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る