FOLLOW US

ニュルン指揮官、ファンの解任コールに「反論する理由はない」

ニュルンベルクを率いるヴィージンガー監督 [写真]=千葉格

 日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクは、6日に行われたブンデスリーガ第8節でハンブルガーSVと対戦し、ホームで0-5で敗れた。開幕から未勝利のニュルンベルクのミハエル・ヴィージンガー監督が、同試合を振り返りコメントした。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 ヴィージンガー監督は0-5という結果を受け、「あまりにも痛い敗戦。ひどい結果だよ」とコメント。続けて、「チームがどうすれば軌道に乗ることができるのか、しっかりと考えていきたい。今日の試合は、私に大きなショックを与えている」と現在の心境を明かした。

 また、ニュルンベルクのファンから解任を要求する声が上がったことに対しては、「理解できるもの。私には反論する理由がない」とコメントしている。

 ニュルンベルクはリーグ戦第8節終了時点で5分3敗。16位に沈んでいる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO