FOLLOW US

マインツが土壇場で追いつき、公式戦連敗ストップ…岡崎は途中交代

先発出場した岡崎 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が5日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツとホッフェンハイムが対戦。岡崎は先発出場した。

 公式戦5連敗中のマインツはホーム戦に臨んだが、14分に先制点を許してしまう。ケヴィン・フォラントに左サイドからドリブルで持ち込まれ、そのままシュートを叩きこまれた。1点ビハインドを負うと、22分にもスルーパスで抜け出したロベルト・フィルミーノに得点され、2点目を奪われてしまった。

 マインツは2点差のまま後半を迎えると、66分には岡崎らに代えてショーン・パーカーらを投入。選手交代で打開を図った。すると、82分には右サイドからのクロスを途中出場していたマクシム・チュポ・モティングがボレーシュートで合わせて得点し、1点差に迫った。

 追いかけるマインツは得点後もホッフェンハイムを攻め立てると、後半アディショナルタイムにニコルチェ・ノヴェスキがCKのこぼれ球を押し込み、同点ゴールをマーク。土壇場で追いつき、2-2のドローに終わり、公式戦の連敗を止めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO