FOLLOW US

ハノーファー酒井、ヘルタ細貝ともにフル出場…日本人対決はドロー

ヘルタ・ベルリン戦にフル出場した酒井(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が4日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するハノーファーと日本代表MF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。酒井と細貝は、ともに先発出場している。

 ボールを奪い合うアグレッシブな展開の中、序盤はアウェーのヘルタ・ベルリンがペースをつかむ。前線からの守備でハノーファーを押し込むと、18分にはペナルティエリア手前でボールを受けたフリーの細貝がミドルシュートを放ちゴールを脅かした。

 一方、今シーズンのリーグ戦ホームゲームで4戦全勝のハノーファーは、20分過ぎから落ち着きを取り戻す。ディディエ・ヤ・コナンやサボルチュ・フスティを起点に攻撃を仕掛けると、23分にCKのこぼれ球からクリスティアン・シュルツが豪快なシュートで先取点を奪った。

 リードを許したヘルタ・ベルリンは後半に反撃を開始。58分にはアドリアン・ラモスのチャンスメイクからアニス・ベン・ハティラがポスト直撃のシュートを放つ。その後もチャンスを作ると81分、途中出場のロニーが左足で直接FKを決めて同点に追い付いた。

 試合はこのまま1−1で終了。4位ハノーファーと5位ヘルタ・ベルリンの上位対決は、勝ち点1を分け合う結果となった。なお、右サイドバックで出場した酒井と、守備的MFで起用された細貝は、ともにフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO