2013.09.30

1ゴール1アシストのニュルン清武「これがいいきっかけになれば」

清武弘嗣
1ゴール1アシストの清武弘嗣がブレーメン戦を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第7節が29日に行われ、ブレーメンと日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクが対戦。3-3の引き分けに終わった。長谷部と清武はともにフル出場で、清武は1ゴール1アシストの活躍を見せた。

 試合後、清武は以下のようにコメントした。

 清武は、2点を先行される試合展開を振り返って、「失点の仕方が悪かったし、よく追いついたなという感じ」と、話した。44分の自身の得点については、「1試合に1回は絶対にチャンスがあると思っていたから、ああいうシーンはやっぱり集中しないといけない」と話し、「もう1本、後半にチャンスがあって、決めたかったけど。残念です。あれを決めていたら、勝っていたかもしれないし」と、コメントした。

 70分に記録したアシストについては、「(相手が)結構、(最終)ラインを上げていたから、(トマシュ)ペクハルトがオフサイド(ポジション)にいた。それで、我慢して相手が下がるのを待って、そうしたら(アダム)フロウシェクがいい形で走ってくれた。やっと、今季初アシストになったなと思います」と、コメント。ここまでアシストがなかったことについては「モヤモヤしていたし、これがいいきっかけになれば良いと思う」と、話した。

 リーグ戦7試合を終えて、勝利がないことについては、「すごく残念ですけど、チームは良い方向に行っていると思うし、今は練習でもすごく良い雰囲気なので、この雰囲気を保ちつつ、早く1勝できるようにがんばりたい」と、抱負を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る