2013.09.30

清武が1ゴール1アシストの活躍…ニュルンベルクは3戦連続ドロー

清武弘嗣
清武弘嗣を称える長谷部誠 [写真]=千葉 格

 ブンデスリーガ第7節が29日に行われ、ブレーメンと日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクが対戦。長谷部と清武はともに先発出場した。

 開幕から勝利のないニュルンベルクは、アウェー戦に臨むと、開始早々の8分にオウンゴールで先制点を献上し、34分にもエルイェロ・エリアに得点を許してしまい、敵地で2点のビハインドを負った。

 しかし、前半終了間際の44分に清武の得点で1点を返す。左サイドからアダム・フロウシェクの上げたクロスがゴール前に流れてくると、右足のダイレクトボレーでシュートを叩き込んだ。

 ニュルンベルクは、1点差に詰め寄り後半を迎えると、53分に同点ゴールを奪う。右サイドからのクロスを後半開始から途中出場していたヨシプ・ドゥルミッチがゴール前で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 打ち合いとなった試合は、66分にエリアがミドルシュートを叩き込み、ブレーメンが再び勝ち越す。しかし、ニュルンベルクも70分に清武のスルーパスに反応したフロウシェクがシュートを流し込み、同点に追いついた。

 3-3となった後にも、互いに勝ち越しを狙ったが、得点は生まれずにタイムアップを迎えた。ニュルンベルクは今シーズン初勝利とならず、3試合連続のドローとなった。なお、長谷部と清武はフル出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る