FOLLOW US

古巣と対戦したドルトの独代表MFベンダー「特別な試合だった」

交代してベンチに下がるスヴェン・ベンダー(右) [写真]=BVB.jp

 DFBポカール2回戦が24日に行われ、ドルトムントは2部に所属する1860ミュンヘンとアウェーで対戦し、延長戦での2ゴールで2-0と勝利した。

 古巣との対戦となったドイツ代表MFスヴェン・ベンダーは試合後、以下のようにコメントした。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 先発出場して69分までプレーしたベンダーは、「僕にとって特別な試合だったよ。ピッチを出るときには、両チームのファンから拍手を受けた。なかなかないことだったね」とコメント。「ライオンズ(1860ミュンヘンの愛称)のファン全員を称えたいよ。あれだけ試合を支配したのに、延長戦にもつれたのは残念」と試合を振り返る一方、「しかし、悪いのは自分たち。少なくとも、次の試合までは今回までよりも1日多く休みを取れるよ」と語った。

 ベンダーは、2009年まで1860ミュンヘンに在籍していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA