2013.09.24

クロップ監督が国内カップ戦に意気込み「勝ち抜けの本命は我々」

クロップ
1860ミュンヘン戦への意気込みを語ったクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントは24日、DFBポカール2回戦で1860ミュンヘンと対戦する。ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が、1860ミュンヘン戦への意気込みを語るとともに、負傷者の回復状況について言及した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督は、ブンデスリーガ2部所属の1860ミュンヘンについて、「素晴らしいチームで、1部への昇格を目指している。簡単にはいかないだろうね」とコメントし、対戦相手を警戒した。その一方で、「勝ち抜けの本命は我々」と2回戦突破に自信を見せ、「彼らのことを研究し、把握したい。十分な準備をするよ」と意気込みを語っている。

 また、クロップ監督は負傷者についても言及。21日に行われたブンデスリーガ第6節のニュルンベルク戦で負傷したドイツ代表MFマルコ・ロイスについて、「だいぶ良くなっているとは思うが、試合に出場できる状態には至っていない」とコメント。ロイスとともにニュルンベルクとの一戦で負傷した同代表DFマルセル・シュメルツァーも回復中で、1860ミュンヘン戦に出場可能かどうかについては明言を避けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る