2013.09.22

首位ドルトとのドローを振り返る清武弘嗣「勝ったらすごかった」

交代してベンチに戻る清武弘嗣 [写真]=原田亮太

 ブンデスリーガ第6節が21日に行われ、日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクはドルトムントとホームで対戦し、1-1で引き分けた。

 先発出場して89分までプレーした清武は試合後、以下のようにドローを振り返った。

 開幕5連勝中の相手から勝ち点1を得たという結果については、「最後勝てたなみたいな(笑)。勝ったらすごかったなみたいな感じです」と語り、「サイドバックが上がってくるから(サイドMFの)俺らは絶対ついていけという話で。(マークの)受け渡しもなくという感じだったんですけど、今日はその戦い方がハマったので良かったと思います」と、チームとしての戦い方を明かした。

 攻めに関しては「今日の試合はしょうがないと思います。守備が70パーセントくらいだったので。(それは)試合前から分かっていたこと」と述べる一方、自身のシュート意識についても言及した。

「打っても決めないといけないので。今日の試合はシュートを打つまでに体力を使っているという感じでした」

「前を向いたらチャンスはあるし、今日も後半のシュートとかでボールを受けて、前を向けたらすごくチャンスなので、その点(アレクサンダー)エスヴァインとかはそういうところをすごく見てくれていると思いますし、サイドでしたけどもっと中で仕事ができればいいなと思います」

 ニュルンベルクはドルトムント戦の引き分けで4分け2敗となり、未勝利が続いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る