FOLLOW US

ハノーファーがアウクスブルクに逆転勝利…酒井宏樹はフル出場

酒井宏樹がフル出場したハノーファーは逆転勝利 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF酒井宏樹が所属するハノーファーは、21日に行われたブンデスリーガ第6節でアウクスブルクと対戦した。酒井はリーグ戦6試合連続で先発出場している。

 立ち上がりからホームのハノーファーが試合を優位に進める。しかし13分、27分にディディエ・ヤ・コナンが迎えたシュートチャンスは、いずれも枠に飛ばず得点に結びつけられなかった。

 すると、リーグ戦3連勝と好調のアウクスブルクが徐々にリズムをつかむ。43分には左サイドのクロスに対し、DFの前に入ったサシャ・メルダースがボレーシュートを放ってハノーファーのゴールを脅かした。

 試合の主導権を握ったアウクスブルクは後半に入ると先制点を奪う。49分にペナルティエリア内でメルダースがシュートを狙うと、ボールがサリフ・サネの手に当り、主審はハンドを宣告。このファウルで得たPKをパウル・フェルハーフが決めて、アウクスブルクがリードを手にした。

 ホームで追いかける展開となったハノーファーは直後に反撃を開始。60分に左サイドからのクロスをアウトゥル・ソビエフが押し込んで、同点に追いつく。さらに試合終了間際の88分、今度はアウクスブルクがペナルティエリア内でハンドを犯し、ハノーファーがPKを奪取。サボルチュ・フスティが冷静にシュートを決め、ハノーファーが2−1で逆転勝利を収めた。なお、酒井は右サイドバックとしてフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO