2013.09.20

日本人選手7名がブンデス第6節で先発か…独誌予想

長谷部誠,清武弘嗣
ニュルンベルクでともにプレーする長谷部(左)と清武(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は19日、ブンデスリーガ第6節の先発予想を発表した。

 日本代表MFの長谷部誠、清武弘嗣が所属するニュルンベルクは、ホームにリーグ戦唯一の5連勝と好調を維持するドルトムントを迎える。長谷部は4−2−3−1の左ボランチ、清武はトップ下で先発予想となっている。

 また、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、ホームで王者バイエルンと激突。18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のステアウア・ブカレスト戦でゴールを挙げた内田は、右サイドバックでの先発出場予想となった。

 日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは、ホームでレヴァークーゼンと対戦。前節はミスパスが失点に直結してしまった岡崎だが、同誌では1トップに名を連ねた。

 この他、ハノーファーの日本代表DF酒井宏樹、フランクフルトの日本代表MF乾貴士、ヘルタ・ベルリンの日本代表MF細貝萌が、それぞれ先発出場すると予想されたが、シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳は先発予想から外れている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る