FOLLOW US

ドルトムント主将MFケールが練習中に骨折…約6週間の離脱へ

骨折が判明したケール [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは16日、元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールが、負傷によりチームを離脱したことを発表した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ケールは16日の練習中に右足を負傷。診断の結果、じん帯の剥離骨折が判明し、約6週間チームを離れることとなった。

 ドルトムントで13年目を迎えたキャプテンを務めるケールは、昨シーズンのリーグ戦22試合に出場。今季のリーグ戦も3試合に出場していた。

 ドルトムントは18日にチャンピオンズリーグ・グループステージ初戦のナポリ戦を控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO